×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バイオエタノール燃料の製造が盛ん

バイオエタノール燃料の開発研究が盛んに行われて久しいですね。バイオエタノールはエネルギー危機を救う救世主として出現したものの、予想を超えた新たな問題点もバイオエタノール燃料生産から生み出されているようです。自動車用燃料としてバイオエタノールを見た場合、ガソリンとの混合のしやすさや、既存のエンジン構造を変える事なく、ほぼそのままで使用できるバイオエタノールはとても高評価ですが、企業が利益主義に走るといかにバイオエタノール燃料といえど、全くの問題フリー燃料というわけにもゆかないようです。原料としてはサトウキビやトウモロコシまたは甜菜などが使われますが、再生可能な原料とは言え、バイオエタノール燃料の製造ピッチが上がれば、過剰な環境開発に繋がりかねないと危惧されています。

バイオエタノール、原料が問題点

バイオエタノール燃料は既にブラジルなどで企業化され、自動車も多く走り始めています。この為、原料の調達ピッチも上がっており、食料品用のサトウキビやトウモロコシまでが企業化されたバイオエタノール燃料製造に食われてしまうという現象が発生しています。バイオエタノール製造には、相当量のトウモロコシやサトウキビ・甜菜といった原料が必要とされますが、これが途上国の食料用穀物まで買い上げてしまうというバイオエタノール製造企業の問題を引き起こしています。バイオエタノール製造企業からすれば会社の営利活動なのでしょうが、結局は環境保護の名目で、南北格差を拡大しているというバイオエタノール製造原料調達の問題が浮き彫りになっている形です。

バイオエタノール燃料の作り方

バイオエタノールの作り方ですが、トウモロコシなどの高純度デンプンが取れやすい原料の場合、これを水と亜硫酸ガスに浸したあとで粉砕、デンプン溶液が発酵原料となります。バイオエタノールの原料がトウモロコシだからといって、原料全てが使用されるわけではなく、副産物として配合飼料なども出来るわけです。バイオエタノール製造で一番の問題点となっているのが食料との競合。トウモロコシにせよサトウキビにせよ甜菜にせよ、可食部分を原料としてバイオエタノールの製造が企業化されている限りは、バイオエタノール燃料製造をする限り、食料減少との板ばさみ問題点が出てきます。そこで麦わらや稲わらなどの第二世代バイオエタノール燃料原料による企業化が問題点解決のために研究されているわけです。

プライバシーポリシー
Copyright © 2007 バイオエタノール燃料の製造が盛ん。問題点も表面化